1 :のっぺらー ★@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 23:00:50 ID:CAP_USER.net
東南アジア諸国連合(ASEAN)が29日にフィリピンの首都マニラで開く首脳会議で
議長国フィリピンがまとめる「議長声明」の草案が25日、判明した。

岩礁埋め立てなど中国による南シナ海の軍事拠点化を念頭に
「複数の首脳による深刻な懸念を共有」と明記されたが、中国は名指しされておらず、
中国への配慮がにじんだ内容となっている。

昨年9月のラオスでの首脳会議の議長声明は「(ASEANとして)深刻に懸念する」としたが、
共同通信が入手した今回の草案にはこの記述がない。
南シナ海問題では中国との距離によって加盟国に意見の隔たりがある。

以下ソース:共同通信 2017/4/25 22:12
https://this.kiji.is/229590965027635203?c=39546741839462401
引用元:http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1493128850/
2 :中韓スパイが暴れだすぞ@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 23:02:00 ID:Jvk7nJN1.net
国防動員法発動の本番が日本を襲う。産総研は「研究員」と称するスパイの巣。
日本国内で待遇に不満を抱える「反日予備軍」の技能実習生や、不法滞在者、偽装留学生など怪しい身分で居留する中国人が便衣兵となって日本人を襲う。
本当の危機はここにある。日本政府はいったいどうするつもりなのか?

中国事情に精通するノンフィクション作家、河添恵子氏が緊急リポートする。
「北朝鮮は、旧ソ連と中国の影響力を排除してやってきた国だ」
米中首脳会談(6、7日)が終わった後、中国はこんな「情報戦」を強めている。
つまり、北朝鮮の「核・ミサイル暴発」を止める力がない、崖っぷちの習氏のメンツを保つため。
もう1つは、「米朝の臨戦態勢に、中国の責任は一切ない」という責任逃れのためだろう。
だが、そんな“フェイクニュース(偽ニュース)”は通用しない。
そもそも、米中首脳会談の主な議題が、北朝鮮マターだったことは、世界の誰もが疑う余地がなかった。
それなのに、先日の訪米主要メンバーには、「金王朝」(北朝鮮)とのパイプを握る、「チャイナセブン」(=中央政治局常務委員7人)の序列3位である張徳江・全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員長ら、江沢民派がいなかったのだ。
習氏に同行したのは、人民解放軍の房峰輝連合参謀部参謀長や、劉鶴・中央財経指導小組弁公室主任(国家発展改革委員会副主任)、栗戦書・党中央弁公庁主任(党中央国家安全委員会弁公室主任)ら腹心たちだった。
これによって、トランプ政権は「習氏は、中国北東部を管轄する旧瀋陽軍区『北部戦区』(=北朝鮮と直結する江沢民派の牙城)を掌握し切れていない」
「中国政権内部が分裂し、軍閥化している」と喝破したはずだ。
つまり、習氏が国内で「核心」と位置付けられ、それを国内外でいくら喧伝しようが、実は“張りぼて”であることを見抜いたといえる。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170424/frn1704241100001-n1.htm
5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 23:16:26 ID:4iMHApDK.net
中国のやったもん勝ちは確定
これから、もっと大きくしていくだけ
6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 23:19:46 ID:wGUleMGx.net
アセアンの馬鹿ども、ほっとくしか無かろう。
7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/04/25(火) 23:22:51 ID:+9pIaWmT.net
中国は北朝鮮問題で動き方を間違えたら、中国ごと終わる。
南シナ海どころではない。間違えないことだ、共産党は。